エクセルでデータを地図に表示,着色する簡単な方法

今日は珍しくエクセルの使い方です.

私自身,必要な時があり,使い方がなかなかわからず困っていてエラーや思った通りにならなかったので,ここに残すことにしました.

今日はこんな感じの図をエクセルで作る方法を教えます.このほかにもいろいろな表し方ができるので,試してみてください.

 

1.表を作る

まずは,図に表したい地域やその地域のデータを表にしましょう.

・注意点
国や県などや,データの名前(ここでは人口(百万人))の見出しを書こう
国の名前や都道府県名はなるべく正式名称で書こう

2.MAPを起動する

次にマップを起動します.挿入タブ中にある3Dマップを使います.まず,マップにしたい表を選択し,3Dマップ選択したデータを3DMAPに追加をクリックします.

・注意点
国,人口などまでも囲んで選択しましょう

3.すべてのデータが正確に読み込まれているか確認する

次に,データがMAPに読み込まれているか確認しましょう.

このような画面がまず出てきます.右端や上のボタンで好きにカスタマイズできます.

まず,注目したいのはここ

ここの場所というところが83%となっています.すべて正確に読み込まれていれば100%と出ます.83%と出ている数字のところをクリックしてみてみると,ドイツが認識されていないようです.

この原因はこのソフトに登録されている国の名前データが私が入力したものに該当しないため生じています.では,ドイツはどのように入力すれば認識されるのでしょうか.

ドイツは,ドイツ連邦共和国が正式名称です.

エクセルの表に戻ってドイツ連邦共和国と書き換え,マップの上にあるデータの更新をしたところ100%になりました.

 

・注意点

データの確認をして,正式名称に変えよう.

データの更新を押してチェック

 

4.データの表示をカスタマイズ

さて,いよいよマップを自分好みにアレンジしていきます.

まずは,上にある平面マップを選択します.

次に,右上にある↓でデータの表示方法を決めます.

左から

1 積み重ねグラフ

2 棒グラフ

3 円グラフ

4 ヒートマップ

5 国ごとに色分け

 

です.

まずは,棒グラフです.

最初に選択すると小さくて見えません.

そこでいじるのが,右側にあるレイヤーのオプションです.グラフの種類ごとに異なりますが,100%から500%まで選択できます.大きく表したい時は500%に近くしましょう.

3.円グラフ

5.国ごとに色分け

色遣いや地図の右下にある < や > で角度を調整すればより見やすくすることができます.

また,地図の色合いは,上にあるテーマからいくつか選択できます.

 

いかがでしたか?癖が強いですが,エクセルでこれまで使っていた棒グラフや円グラフだけでなく,地図を取り入れることでより伝えれるのではないでしょうか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です