社会人・大学生の一人暮らしの食費は?自炊は高つくは嘘!節約法を徹底解説

社会人・大学生の一人暮らしの食費は?自炊・外食での違いや節約法を徹底解説

節約をするのにまっさきに思い浮かぶのは食費ではないでしょうか?

他の生活費はなかなか節約が難しく,もっとも節約しやすそうなのは食費ではないでしょうか.

だいたい,一か月でいくらくらいの食費がかかっていて,どのようにしたら節約できるのでしょうか.

徹底解説します.

大学生・社会人の一人暮らしの一か月の食費

まず,一人暮らしの食費は皆さん一か月いくらくらいかかっているのでしょうか.社会人と学生に分けてみていきましょう.

社会人の一人暮らしの食費

政府の調べによると

一人暮らしの食費平均は月約43000円

勤労者の一人暮らしに限って言えば約49000円です.

出典:政府統計の総合窓口

一日の食費に換算すると約1600円です.

外食の機会が多かったり,遅くまで仕事があり,コンビニで済ませているとけっこういってしまうのではないでしょうか.

外で1食食べると800円なんてのはすぐなくなってしまいますよね.

それに,付き合いなどでいい食事をするとあっという間になくなります.

お酒を飲む人はアルコール代が食費を多く占めているかもしれません.一日1本でも,1カ月となれば5000円ほどになることもあります.

 

 

食費の内訳

 

食費は約49000円かかっていると説明しました.それではそのうち何にいくらかかっているのでしょうか.

出典:政府統計の総合窓口

社会人の食費の内訳としては,およそ半分が外食となっています.

外食以外の食費を見てみると飲料調理食品が目立ちます.

費用別でみると酒類が2000円,飲料が,3500円,調理食品が8000円となっています.

飲料が一日100円以上かかっていることがわかります.
コンビニや自動販売機で一日一本買うだけでこのようになりますね.
また,調理食品はスーパーの惣菜などです.

完全な自炊は難しいけど,外食よりは抑えたいという人は適度に惣菜を取り入れ,米を家で炊くだけでかなり節約になります.

大学生の一人暮らしの食費

一方,大学生で見てみると,大学生の一人暮らしの食費は
約26000円
となっています.
出典:学生生活実態調査

このアンケートは全国の大学生を対象に支出や生活状況を全国大学生活協同組合連合会が実施したものです.

およそ,勤労者の一人暮らし半分の費用となっています.

アルバイトや仕送り,奨学金といった勤労者に比べ限られた費用の中でやりくりする必要あるのでこのような結果となっています.

26000円となると,1日1000円以下.一食で考えると200~300円くらいしか一日の食費に使えないという結果になります.

しかし,中には,実家から食料を仕送りしてもらったりバイト先でまかないをもらっていると考えればかなり抑えている学生も中にはいると思います.

一人暮らしの自炊は高つくは嘘

よく,一人暮らしで自炊をするのは逆にお金がかかる.という話を聞いたことがあると思います.

実際,一人暮らしで自炊をする場合,高ついてしまうのでしょうか.

毎日自炊をする,月半分自炊をする,全く自炊しないひとでどれだけ一か月食費がかかっているのかのアンケート結果を見てみましょう.

男性女性
毎日自炊約31,000円約26,000円
月半分約43,000円約36,000円
全く自炊しない約53,000円約42,000円

出典:総務省

平均的に,自炊をする,しないで1カ月で約2万円の差があります.

毎日自炊する人は食費が3万円台に対し,全く自炊をしない人では5万円となっています.
女性は小食の方も多いので約4万円という結果です.

毎日外食すると一日1700円程度.だいたい昼夜800円くらいかけていることになります.

もちろん,社会人と学生では使う食材の質が異なって食費に差が生まれます.(たとえば,少し高めの肉を買ったり,セール品ではなく食べたいものを買ったり)
自炊を全くしない,するで2万円の差があるというのが大きいか小さいかは人それぞれだと思います.

自炊の食費を減らすと不健康になる.というのは間違い.

よく,自炊で一か月2万円!や1万円!というはなしを聞いたことがあると思います.
それに対し,健康面が損なわれるなどという意見がでます.

もちろん,安く上げるために変に食費をケチったり,食材の選び方を間違うと食費を抑えれる代わりに不健康な食生活になります.

しかし,工夫次第では食費を抑えてかつ健康的な食生活を送ることも可能です.

また,自炊生活を続ければ続けるほど節約自炊のスキルが上がり,より健康的なレシピを作ることも可能です.

時間が惜しければ外食は仕方ない.

およそ自炊をする人のおよそ半数が30~1時間毎食のために時間を費やしています.出典:kurasinohint)

時間が存分にある人には自炊は可能かもしれませんが,仕事が遅くに終わる人にはむずかしいかもしれません.

夜7時に仕事が終わって帰ってから食事の支度をするのは体力的にも時間的にも厳しいかもしれません.

また,昼夜で1時間調理に時間がかかると一か月で約30時間費やすことになります.

しかし,外食の場合もお店まで時間はかかりますし,料理が出てくるまで時間がかかります.

もちろん,片付けの手間は省けるかもしれません.

そう考えると案外料理の時間は無駄ではないのかもしれません.また,買い物もうまくすれば毎日行く必要はありません.

料理をすることはいいことづくし.

料理をすることで4つのいいことがあります.

・自己管理になる

自分のために料理して,健康的な生活を目指し送るということは,自分の体に「自分は大切」というメッセージを送ることになります.

自堕落な生活を改め,健康的で質の高い生活を送るには自炊をするということは極めて重要なポイントです.

サプリメントで栄養を補充する人もいますが,やはり,彩り豊かで栄養バランスのいい食事から生きていくために必要な養分を得るということは,体だけでなく心も豊かにします.

・気分転換にもなる

意外に,節約のお金や時間の天秤だけで掛けがちですが,精神的にとてもメリットがあります.
料理の時間は料理に集中することになります

こげないか.とか,焼き具合はこのくらいか.とか.これは他の日常のストレスから解放される貴重な時間となります.

無意識のうちにこれはなされますが,この30分1時間が心にはとてもいい時間になります.

他にも料理は脳が活性化するなどいいことがあります.

・生活力が上がる

自炊をして健康面への自己管理や食材の使い方は一日二日では身につくものではなく,継続していくことで身につきます.

これは自己投資ともいえるでしょう.

生活力が上がれば上がるほど自分の生活の選択肢の幅が広がりできる料理の幅や時間の使い方がうまくなることで更なる時短にもつながります.

・健康面

自己管理になるとも述べましたが,健康面でも大きな期待が持てます.

外食はとてもおいしいですし,自分にはできない料理も食べることができます.

しかし,外食は油を多く使っていたり,塩分が多かったりと,後に生活習慣病になるような原因ばかりです.

おいしいものを食べているときはおいしい!と心が満たされるかもしれませんが,実はそのトレードオフとして体を蝕んでいるかもしれません.

たまにはいいですがやはり,基本は自炊がいいです.

自炊では,自分で調味料を入れるので塩分対策などでは目に見えて対策がしやすいです.

「あ,いれすぎたな」とか,「実際はこんなにたくさん入れないといけないんだ」と気づくかもしれません.

また,減塩醤油など塩分を抑えた商品もたくさん出ており,そのような商品を選ぶことも健康管理ができます.

自炊で健康的に節約するコツ

安くて汎用性の高い食材を活用する

汎用性の低い食材は,買ったはいいものの使う料理がなく結局残って,気づいたときにはくさって捨てる羽目になってしまいます.

特に一人暮らしの自炊では一品で使う食材の量は少ないので,この料理を作るために.と買ったものでも他の料理に使いにくいものがあればずっと残ります.生鮮食品で賞味期限が短いものは最悪です.

汎用性の低い食材例
パプリカ

汎用性が高いコスパのいい食材を選びましょう.汎用性の高いというのは,いろんな料理に使える食材ということです.例えばじゃがいも.じゃがいもは,たくさんでも安いですし,保存もききますしいろいろな料理に使えますよね?

選ぶコツとしては,

・安い
・保存がきく
・いろいろな料理に使える

ものです.

食材としては次のようなものがあります.

・じゃがいも
・鶏むね肉
・豆腐
・玉ねぎ
・豚肉
・キャベツ

肉の冷凍など保存方法を工夫すれば数週間保存できます.

保存法をマスターする.

アレンジ性の高い食材を買うだけでなくそれぞれの食材に対し保存方法を守ることが大切です.

これにより食材と食費を無駄にすることがなくなります.
また,長期間保存する方法を知っていれば,安売りの時に買っておくことができるなど節約にもつながります.

特に冷凍保存はかなり節約して自炊するには鍵になってきます.ラップやジップロックを使うことにより風味や食感の劣化がすることなく長期間保存しておくことができます.

肉などは冷蔵保存では1週間ほどしか持ちませんが,冷凍保存することで1カ月も保存することができます

特に冷凍する際に,一食分の料理量で保存しておくことで,適量取り出すことができます.

これにより,決めておくことで余計な量を使わずに節約にもなりますし,健康的な量にすることも可能です.

また,買い物のスタイルを変えることも節約につながります.

買い物の回数を減らす.

買い物の回数を減らすことも節約につながります.
つい余計なものを買ってしまう人もいるのではないでしょうか.買い物の回数を減らし,出費の機会を減らすのも節約のコツです.

底値表を付ける

底値表とはそれぞれの食材の最低価格をメモっておくことです.

特に生鮮食品はさまざまな要因で価格が上下し,一週間で価格が二倍になっていることもあります.

チェックせずともだいたいの価格を覚えておけば,今日は高いな.とやめておいたり,底値を知っていれば安い日に買って買いだめしておくことで節約できます.

チラシをチェックして安い店を見つける

スーパーはたくさんありますが,店によって肉が安い店,野菜が安い店など様々です.

初めのうちはわかりにくいかもしれませんが,たまには違うスーパーに行ってみるのもいいかもしれません.

業務スーパーなんかはおすすめです.近くにある方はぜひ行ってみましょう.

コンビニの利用は控える

コンビニは便利で弁当や飲み物がたくさんありますが,基本的にはスーパーより高いです.

コンビニはもしかしたらスーパーより近くにあってふらっと寄ったり昼はコンビニ弁当という人も多いかもしれませんが,節約の敵です.

いきなりやめるというのは無地かしいので,日頃から気を付けましょう.

飲み物を作る.

水筒を持ち歩く,家ではお茶を作る.などするだけでかなり節約できます.

一か月の食費のうち3500円の飲み物代は1000円以下にまで抑えることができます.
家でお茶を作るのは思ったよりも簡単で,お茶パックと熱湯対応のボトルがあればできますし,水筒も最近はオシャレなものも出ているので水筒=ダサいというのはないです.

意外とおやつにかかっている.

平均の月の食費を見ると約49000円のうち2500円はお菓子によるものです.

お菓子はおいしいですし,甘いものはストレスの発散にもなるかもしれませんが,過度な糖分を含んでいたり,高カロリーだったりと体にいいということはありません.

これまでコンビニでふらっとよって買う
という習慣をなくせば月に2500円節約できます.

ちょっと買いたくなっても我慢.というのを繰り返せばおのずと習慣になります.

自炊で無理はしない.自分のできるだけでやる


いきなり毎日外食だった人がいきなり毎日自炊にするのはやめましょう.かえって長続きしません.

ランニングを始めようと初日から10kmも走っていたら結局はなかなか続けることはできません.

これから始める人は,まずは週1日や,土日だけなど無理のないところから始めて,テキパキできるようになったら平日に作るなど頻度を上げていきましょう.

他にも一品からとか,一品はスーパーの惣菜を取り入れたりと,いきなり3品も4品も作るのはやめましょう.

他にもパスタやレトルトカレーなどインスタントも取り入れつつ無理のないようにしましょう.

特に,ひとそれぞれ料理に使える時間帯やお金は異なります.

自分のライフスタイルやめんどくさがりやなどの性格かどうかを見極めて調整しましょう.

 

自分に合ったレシピをみつける

料理はこればこるほどきりがありません.

30分でそこそこの料理ができてしまうものから数時間かけて作るものもあります.

レシピサイトなどを活用して自分にあったレべル,時間のものを選びましょう.

まとめ

いかがでしたか?

習慣づけること
コツをつかんで気をつけること

で健康的でかつ節約もできます.

もちろん時間などは人ぞれかもしれませんが自分でできる範囲からやってみましょう.

「社会人・大学生の一人暮らしの食費は?自炊は高つくは嘘!節約法を徹底解説」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です