【知らないと損する!】明日から始めれる大学生向け節約術!

明日から始めれる大学生向け節約術!

大学生になって一人暮らしを始めたり,アルバイトなどで自分でお金を管理するようになって,思ったより多く出費していたり,なかなかほしいものが買えなかったりするのではないでしょうか.

 

日用品や食費,光熱費など知らないうちにどんどんお金が減っていきます.

なかなか節約していない人が多いですが,うまく節約することで貯金が増えたり,ほかのところで使えるようなお金が増えます.

節約できるコツ

まずは節約の目標を立てる

なんとなく節約できればそれでいいですが,なかなか続きませんし,モチベーションにもなりません.

ま,いっか.となってしまうのを○○のため.と思うことで達成できます.

 

その他にもがんばろう!という気持ちにもなってつらくなりがちな節約を楽しくできます.

 

ブランド物の服を買う
海外旅行の費用を貯める.

 

など人それぞれ目標を立てるといいです.

学割を使い倒す.

学割は学生の特権で,あらゆるサービスや商品に使えます.知っているのと知っていないのではかなり違います.

何か利用するときはまず学割があるかどうかを確かめてからといっていいほどです.

 

移動で学割

JRなどの路線では乗車券が学割を使うことで2割引きになります.

学割申請書を大学などでもらって,切符を買うときに提出するだけです.

大学によっては機械で自動で発行してくれるので何枚も持っておくとその都度取りに行かなくて済むので便利です.

 

通販で学割

通信販売でも学割を行っているところがあります.

楽天ではお店によっては学割が使えて送料が無料になったりします.

Amazonばかり使ってあまり楽天を使っていない人も多いのではないでしょうか.商品によってはAmazonより楽天のほうが安い場合があります.

節約するにはまず比較することも大事なのでぜひ調べてみてください.

 

パソコンの購入なども学割を使う

Appleでは学生・教職員向けのストアでMac製品を買うと学割価格で購入することができます.

 

支払いは電子マネーんどQRコード決済で節約

コンビニやスーパーなど利用可能店舗が広がっている電子マネーですが,CMでもやってるようにポイント還元や20%オフなどを行っています.

これを利用しない手はないです.

光熱費などの公共料金もさらに安くなりますし,日々の食費に使うのもいいですね.

 

クーポンを利用する.

なかなか自炊ができなかったりして外食が多い人はできる限りクーポンを使って節約しましょう.

 

スマートニュースのアプリではクーポンを利用できます.

スマートニュースで使えるクーポン例

マクドナルド
モスバーガー
吉野家
ガスト

学生向けのクレジットカードを利用する

学生向けのクレジットカードというものがあります.

普通のクレジットカードには契約時にいろいろなプランがあるので,そこでは学生プランを選びましょう.

学生向けのクレジットカードは,旅行時の保険がついていたり,ポイント還元率が他のものより高いものがあります.

 

ポイントがたまればAmazonギフトカードに交換できるなど買い物すればするほどお得になります.

また,楽天カードだと,時期によってはクレジットカード契約時に8000ポイントがもらえるキャンペーンなどを行っており,買い物時に使うことができます.

学生だとポイント還元率が高かったりするので是非調べてみてください.

 

電気やガスはプランや会社を見直して節約

自分は電気やガスはどこの会社と契約しているかご存知でしょうか.

かつては電気を買う会社は済んでいる地域によって決まっていましたが今では10社以上から自分のライフスタイルや付加価値のあるプランに変えることでさらにお得にすることができます.

 

プランや会社を変えることで年間1万円以上節約することができます.

変更もネットでできるので簡単です.

一人暮らしで安いプラン決定版【関東版】

一人暮らしで安いプラン決定版【関西版】

 

生活習慣を変えることで節約

生活の習慣を変えることも節約につながります.

節約する習慣をつけることで苦なく自然に節約できます.

そこで,生活習慣例を紹介します.

まずは予算を決める

まずは予算を決めましょう.

食費月2万円

光熱費月8000円

など目標値を書きだしてみましょう.そして一か月その目標で達成するにはどのような節約が必要か,考えて実行してみましょう.

そして一か月後,実際その目標が達成できているか確認してみましょう.

光熱費や食費などなにが達成できたか,なにができなかったか,原因を考えてみましょう.

 

思ったより節約できていればそれは続行していけばいいですし,できなかったら他のところで節約してみましょう.

 

家計簿をつける

家計簿というとめんどくさいかもしれませんが,すべてQRコード決済にするクレジットカード決済にすることでどこでいくら使ったかということがわかるため簡単にすることができます.

減りや使った額が目に見えるため意識的にも節約することができます.

 

底値表を付ける

底値表ってご存知ですか?

特に自炊をする人に必要なもので,価格が毎日変わる生鮮食品などの一番安い値段をメモしておく,または知っておくことです.

野菜などは日によって値段が大きく変わり,ある日突然二倍になったりしています.そんな時に損して買わないように,一番安い値段を知っておくことで,「今日はやめよう」とできるわけです.

これに気を付けるだけで,月の食費が2~3割近く減らすことができます.

コンビによる習慣をやめる

 

ふらっとコンビニに寄って買い物してしまう習慣がある人は要注意です.

一日500円でも,月に20日利用するだけで1万円,年に12万円の出費になってしまします.

初めは難しくても,少しづつよる習慣を減らしていきましょう.

 

日用品は詰め替え用をまとめ買い

洗剤やトイレットペーパーなど,日用品もなかなか月の出費の中では大きいほうです.

できるだけ洗剤などは詰め替え用を買いましょう.

これってかなりお得なんです.

 

また,近くのドラッグストアのチラシを見て安い日にまとめ買いしてストックしておくようにしましょう.

チラシや広告はネットで見ることができます.

 

飲み物はまとめ買いまたは作る

水筒を持ち歩く,家ではお茶を作る.などするだけでかなり節約できます.

一人暮らしの平均的な食費のうち,一か月に3500円の飲み物代かかっているそうです.

これは工夫次第で1000円以下にまで抑えることができます.
家でお茶を作るのは思ったよりも簡単で,お茶パックと熱湯対応のボトルがあればできますし,水筒も最近はオシャレなものも出ているので水筒=ダサいというのはないです.

または,2Lのミネラルウォーターを箱で通信販売で買って常備しておくだけでも節約になります.

 

スマホは格安SIMなどに変える.

今,スマホの料金を毎月いくらくらい払っていますか?

これって月に3000円くらいまでだと簡単に安くすることができます.

いわゆる格安SIMに変えるだけです.

格安と言ってもほとんどが通信速度も問題なく,一か月の使用量も問題ないものばかりです.

 

自炊をする

一人暮らしの節約と言えば真っ先に出てくるのは自炊です.

もちろん自炊は時間も手間もかかるので,忙しい人にとってみると少し難しいかもしれませんがかなり節約できます.

 

なんと一人暮らしで毎日外食の人と,毎日自炊の人では約2万円も食費に差があります.

 

毎日外食の人は一日でも,一食でも自炊してみたり,簡単な料理からでも始めてみてはいかがですか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です