「未分類」カテゴリーアーカイブ

コロナウイルスのグラフ,見るときに気を付けたいこと.グラフでわかることわからないこと

コロナウイルスの感染者数グラフからわかることわからないこと.

コロナウイルスの患者数のグラフで次のようなものを見たことがある人は多いと思います.

このグラフは何を強調したくて,このグラフではどんな情報が隠れてしまっているのでしょう.

今日は理系大学院生がvoxの解説動画を元に解説します.

このグラフでは4つのポイントについて,理解しなければいけません.今回はグラフの読み方とともに解説します.

 

1.確認された患者数のグラフであること

これはかなり重要なことなのですが,実際の感染者数ではなく,感染が確認された患者数のグラフです.

日本以外の他の国でどのくらい感染が爆発しているかはなんとなく見てわかると思います.

次のグラフを見てください.

日本と韓国の感染者数のグラフです.さきほどのグラフを拡大して日本と韓国だけをピックアップしてみました.

こうやって見ても日本は韓国より感染者数(感染確認者数)が少ないですよね?

 

しかし,このグラフにはある重要なデータが隠れています.

それは検査数です.

検査数.つまりは「かぜっぽい」「熱が続く」「咳が苦しい」という人にいわゆるPCR検査をしたかどうかです.

検査数で比較すると,4/8時点で韓国は40万人検査していて,日本は6万人です.約7倍もの差があります.

 

7倍の差があって,どれだけ検査されていない感染者がいることは現在はっきりしていませんが,検査数が反映されていないグラフだけで,感染者が少ない!と喜ぶのは少し軽率かもしれません.

これが結果的に良かったか悪かったのかはここでは議論しませんが,かなり違いがあることは確かです.

 

2.縦軸(感染者数)の表し方.

左端の縦軸.感染者数の表し方は10,100,1000,10000人と10倍ずつ増えていく書かれ方です.

いわゆるログや対数と言われるやつです.

これにより,このグラフ1つで10~10000人の患者数の推移が表すことができます.

国によって感染者はばらつきがあるので一つのグラフでさまざまな国の状況を表せるのは非常に素晴らしいです.

 

さて,このログのグラフにする理由はもう一つあります.

このようなグラフにすることで,感染者の増え方がヤバイということが直感的にわかるようになります.

まずはこちらのグラフ.ログのグラフではなく,ふつうのグラフです.縦軸も10倍ずつではなく,5000ずつ増えていますよね.
ニュースで話題になっているスペイン,イタリア,フランス,ドイツ,アメリカのグラフを書いてみました.

その国で感染者が10人出てからだいたい40日後までどのように増えたかを表しています.こうやってみると,スペインや,イタリアは約1カ月の間にものすごく増えたことがわかります.

これをみると,フランス,ドイツ,アメリカは増えそうだけど,何とか持ちこたえている.という風に見えるかもしれません.

 

ところが次のグラフを見てみましょう.同じデータです.

いわゆるログのグラフでそれぞれの国で100人感染者がでてから約40日後までどのように増えたかをグラフにしました.

どうですか.さきほどの10人確認されてからと100人とでは若干違いますが,明らかにパッとグラフを見た時の受ける印象が違いますよね.

一つ目のグラフではなんとなく持ちこたえている感じでしたが,このグラフを見ると全然そんなことないように見えます.

このグラフの特徴は,やばさがわかる今後どういう風になりそうかが一目でわかるところです.

先ほど,特に上昇していたスペインやイタリアの上がり具合と比べて他の国はゆるやか,とは言えませんよね.

これによって,対策しないと!ということにできるわけです.

3. 人口の反映がされていない.

このグラフでは国の人口がわかりません.どの国でこれまで何人の感染者がわかったか.しかわからないのがデメリットです.

現在,発端となった中国は人口が14億人と世界の人口のおよそ1/5を占めています.一方,最近感染が拡大しているアメリカは3億人,3月下旬からかなり状況が悪化したイタリアは6000万人しかいません.

トータルでその国が何人感染したかは,もちろん人口が多い国ほど多くなりやすいです.

1億人いる国で100人が感染するのと,1000万人しかいないのに100人感染するのでは訳が違いますよね.

そのようなときには人口○○人あたりのデータが用いられます.

100万人当たり何人がかかっている.などです.

 

4.横軸

気づいた方もいらっしゃると思いますが,スタートが同じです.

だいたいのグラフは100人感染者が出てから何日,というようなグラフになっています.

〇月〇日に何人というグラフにはなっていません.

例えば,しっかりとカレンダー通りにグラフを作ると次のようなグラフになります.これでは,ぱっと見,どのくらい進行しているのか,自分の国よりもっとたくさん感染者がいる国は自分の国のいつぐらいと同じなのだろう.というのが非常に分かりにくいです.

 

 

次の図のように,ある基準(感染者が100人確認されてから)からの増え幅を見てみると,次にようなグラフになります.

たとえば,これだと,フランスなどは100人感染が確認されてから20日ほどで10000人に到達していることがわかります.
一方,日本は100人感染者がわかってからもイタリアなどみたいに急増はせず,じわじわと増えている状況です.

これからわかるのは,今の日本の感染者数は,イタリアの10日目あたりでしょうか.イタリアやアメリカなどは,その10日目からも爆発的に増加し,それから30日足らずで感染者が100倍近くになってしまいました.
つまり,日本も他の国のように,一か月後には100倍になっていることも考えられるということです.

他にも,ロックダウンやソーシャルディスタンスの政策を問った場合,何日で効果が出るかということもわかります.

まとめ

いかがでしたか?

ログ表示,人口,検査数など,すべての情報を一つのグラフであらわし,情報を得ることはかなり難しいです.

しかし,それぞれグラフには重要なことが書かれていて,重要なことつまりは伝えたいことです.

日に日に増えていっているのは事実ですが,みんなが一致団結して努力しているおかげで他国で起こっている悲劇は幸いにもまだ起こっていません.しかし,他国では今の日本のような感染者から一か月ほどで100倍になったケースもあります.

油断せず,かつ,ピリピリしつつ頑張りましょう.

 

グラフの出典元
Our World in Data
https://ourworldindata.org/

参考サイトVox:How coronavirus charts can mislead us

 

 

一人暮らしを始める人がおかねかけるべきもの3選

新生活を始める人,多いと思います.

その際にしなければいけないのが一人暮らし用の家具や家電を買いそろえること.

すべて格安のものを買っても生活できますが,あとからもう少しいいものを買っておけばよかった.と思いたくないですよね.

結局いいものに買い替えて安物買いの銭失いになってしまいかねません.

 

そこで,生活を豊かにするものを三つ紹介します.

どのようなものにお金をかけるべきか.

どれもこれも高いものを買えれば苦労しません.

では,どのようなものにお金をかけるべきなのでしょうか.

・買い替える頻度が低い.

・毎日使うもの.

この二点に当てはまるものです.

買い替える頻度が低いものは高いものを選んでも問題ないでしょう.1万円高くても2年5年と使えば一日当たりの負担はほんの数円かそれ以下です.ほんの数円で生活が豊かになれば費用対効果は高いです.

また,毎日使うものはちょっとしたことでストレスになりかねません.これが一日ほんの数円で改善できればこれもまた費用対効果が高いです.

では,どんなものにお金をかけるべきでしょうか.

 

1. 洗濯機

なにかとめんどうなのが洗濯です.洗濯物を入れて洗剤を入れて30分後にまた取り出して水の含んだ重い洗濯物を干して,半日後にまた取り込む.

これがめんどうなのです.

そこで,おススメするのは全自動乾燥洗濯機です.ボタン一つで洗濯から乾燥まで終わるので手間がいくつも省けます.また,シワが残らないようなものがあります.

 

2.冷蔵庫

冷蔵庫なんてどれも一緒じゃない?と思う方も多いと思います.

なにが気になるかというと

冷蔵庫によってはウイーンと嫌な音がします.

特に1Kの部屋に住む方は,冷蔵庫を寝たりする部屋に置かないといけないので,深夜寝ようと思っても冷蔵庫の音が響き渡るととても寝れません.

静音が売りの冷蔵庫を買いましょう!

3.マットレス

毎日の睡眠,リラックスや疲労回復には寝具は重要です.体に合わなければせっかく寝ても疲れが取れません.1万円程度でも買えますが,これも買い替えの頻度が少なく毎日使うので,いいものを選びましょう.

 

いかがでしたか?生活を豊かにして楽しい一年にしましょう!

Amazonでもう失敗しない! 怪しい商品、詐欺の見分け方

こんにちは

Amazon、便利ですよね~近くの店に売ってないものや、高性能(そう)なものが安い値段で売られたりしますよね。

そんな便利なAmazonですが、なかにはよくない商品もあって、不良品や品質の悪いものを買ってしまうことがあります。僕も、買ってから、やらかした。。。って思ったことが何回か。。

それでは、買うときにどこを見分ければいいかまとめました!

1.星★は信用するな!

はい、まず一つ目は、★マークを信用してはいけないということです。

評価が高いから~といって買うとだまされる可能性があります。

これ、製品を作っているメーカーなどが購入者に成りすまして星5を付けたりしています。。。

これ、特に中国のメーカーに多いです。中国メーカーは、安い価格で素晴らしい製品を作っているところはたくさんあります。一方で、なかには、自社の商品を売ろうと、なりすまして高評価にしているところもあります。

こういったときは、レビューのコメント欄を見てみてください!

コメント欄を見てみると、なかには日本語が怪しい(不自然な)ものや、漢字が日本の漢字とは微妙に異なるものを使っているものがあります。こういったものが多くある商品には注意が必要です!

↓こういうのには注意してください。特にこういうのは数百、数千と評価されてますが、ほとんどサクラでしょう。

2.商品名に注意

商品名でも見分け方があります。

抽象的な名前のものは避けましょう。たとえば、イヤホン。

高性能 高音質 bluetooth など単語が並んでいるものには注意しましょう。

これらもただ、悪徳な海外の企業が翻訳サイトなどで翻訳して出品している可能性が高いです!

amazonだけで商品を判断するのではなく、商品名を別のサイトで検索してみるといいかもしれません。

別のサイトでも数多く出品されていると多少は安心できます。

 

3.表示順に注意

案外ひっかかるのが検索した時に表示される順です。

小さくスポンサープロダクトと書いてあり、目当ての商品と全く異なる商品が一番最初に表示されることがあります。これらには注意しましょう。もちろん、いい商品もありますが、一番上に表示されたからと言ってよい製品とは限りません。

いかがでしたか?僕も以前に安い!と思って買った商品が一日で壊れたことがありました。しかも旅先で。こういったことにまた出くわさないように一層注意して買い物をしています。

皆さんもこれらに注意してぜひいい商品を見つけてください!!

コバエが出た後の対処法 次出ないための対策

コバエが嫌な季節になってきました。鬱陶しいし、ご飯につくと汚いので嫌ですよね。去年の夏、ものすごい嫌な思いをしました・・・・

もう出た後の対策や対処法・解決策はないのか、調べたことや自分の経験で有効だったものを紹介します。

 

まず、あなたの家に出たハエの種類を特定する必要があります。ハエの種類によって対策が全然違うので、やっても無駄!ってことになりかねません。

 

ちなみに、私の家に出たのは、ショウジョウバエノミバエでした。これからの季節増えるのはこいつだと思います。

原因は、生ごみ。日中、台所が暑くなったことにより生ごみ腐敗。それに寄ってきました。

こういうハエは、かつて、無から生まれてくると信じられていたくらい神出鬼没 というか、どこから湧いてくるかがわかりません。わかれば、発生源をつぶしてしまうことが可能ですが、エサとなるものがあればどこからともなくまた出てきます。

 


・試した対処法

まず、紹介するのは、アース製薬のコバエがホイホイ

まず初めにこれを使いました。コバエが出て、すぐに近くのドラッグストアで購入。これでいいだろうとおいていたのですが、全くと言っていいほど、このノミバエには効果がありませんでした!

設置してしばらくたって、中を恐る恐る見ましたが、収穫(?)なし。。。

 

 

 

続いて試したのが、ネットで出てきた、めんつゆトラップ。これは、ペットポトルなどの口を切って、中にめんつゆと、数滴の洗剤をいれたもの。めんつゆの香りにつられてやってきたコバエが洗剤の効果でめんつゆの中に沈んで捕獲するものです。

これも設置しましたが、効果はいまいち。一匹二匹程度の捕獲でした。

 

ほかにも、奴等(コバエ)は排水溝の中に産卵すると聞いて、パイプフィニッシュを使ったりしましたが、これまたいまいち。

 

 

 

そこで、私がたどり着いたのはこちら。

ん?????

 

 

スーパーなどで、袋を詰めるところにある、あの小さい袋です。

これに、料理ごとにでた生ごみを毎回入れ、袋を縛る。これが最も簡単で効果的でした。。。。

もう本当にこの方法をおすすめします。

アイラップなどという商品名で売っています。100均にもそれっぽいのは売っています。

 

出た時の対処法になってないじゃん!と思われるかもしれませんが、出たら、生ごみを袋に入れ、しばって、次またでない・出たやつが増えないようにするほかありません。

 

あとは、アースジェットやフマキラーなどで、そこらへんにいるハエをやっちゃってくだいさい。(笑)

その日から、次の日からでもこまめに生ごみを密閉するのを徹底すればもう悩まされることはないでしょう。

 

どうでしたか?買っても効果がなかったってことがないように、殺虫剤はしっかりした調べが必要です。

今年こそはコバエに悩まされない快適な夏を送りましょう!