一人暮らし学生で食費を1万円台にする4つのポイント

一人暮らしの学生で節約したいって方はたくさんいると思います。

簡単に節約できるわけではありませんが、頑張れば楽しくおいしく毎月の食費を抑えることができます!

現在、僕は180cmの70kg。決して食が細くてヒョロヒョロなわけではありません。

しかし、朝・昼・晩の三食、毎日食べています!!

特に昼と夜なんかは野菜と肉をふんだんに使って3~4品くらい食べています。

毎月、変動はありますが、月の食費は高いときで16000円、一番節約できたときで8000円でやっています。(もちろん自炊をする前提で話します。。)

そこで私が気を付けている(?)自然にそうなった?気が付いた?ポイントを三つ紹介します!これに気を付けるだけでかなり節約できます!

 


1.安いお店を見つけよう!

まずはこれに限ります。お店によって全然違います。肉や野菜なんて安いところと高いところだと2倍程度違うことも!

おすすめは業務スーパー

肉、パン、麺などは必ずここで買います。肉は鶏モモ肉100g88円程度で買えます。(業務スーパーの店舗によって微妙にお得な食材が違ったりするので近くにいくつかある場合は注意してみてみてください)

 

ほかにも、街の商店街の八百屋や、駅前の八百屋なんかもすごく安いこともあります!

ぜひ、新しい土地に住み始めたり、これから節約したい!という方は近くのお店を調べてみてください。

 

ちなみに、僕は、朝は基本的にパン(六枚切りを二枚ずつ)です。業務スーパーには6枚切り70円と驚異的な安さで売っているので、それを買って食べています。お米なんかは、(割と食べるほうですが)10kg(3000~3300円程度)買ってきて1.5カ月ほどで消費します。


2.まとめがい、保存をしよう

これも重要です!

特に安い日にまとめ買いしましょう!

安い高いがわからなくても、だんだんとわかるようになってきます。

僕も、野菜だとキャベツなら一玉。かぼちゃも一玉か半分、肉だと1kg程度で購入しています。

「でも、余って腐らせてしまったら意味がない。。。。」と思った方。冷凍保存すればいいのです。

できる野菜とできない野菜がありますが、「○○(野菜の名前) 冷凍 保存」などと検索すればその野菜が冷凍保存できるかどうかがあらかじめわかります。買うときにスーパーででもササっと調べることをおすすめします。

ジップロックなども用意しておくといいですね!

肉についてですが、たくさん買ってきて一回で使う量ごとに分け、ラップで包み冷凍保存しています。


3.旬の食材を使おう!

これも安くするうえですごく大切で、おまけに健康的です!

旬の食材はそうでないものに比べ栄養価が全然違うそうです。

最初はわからないかもしれませんが、旬のものはスーパーに行けばたくさん並んでいたり、コーナーがあるのでわかります。

春は、じゃがいも、たまねぎ、キャベツ。夏は、トマト、キュウリ、ナス。冬は、白菜、大根。などなど。


4.無理をしない

これもなんだかんだ重要です。(笑)毎日無理して自炊とか節約していると嫌になって、それ以降全くしなくなるかもです。

忙しいって日は、外で食べたり、インスタントなんかで済ませましょう。

 

 


まとめ

いかがでしたか?食べ物を我慢して一食抜いたり、カップ麺なんかで済ませたりせず、健康的に節約することは可能です。みなさんも、健康的に節約しましょう!

ヨーグルトメーカーでR1を増やしてみた 味は? いくら節約できるの?

ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを増やす!いったいいくら節約できるの?味は?

出典:アイリスオーヤマ

 

ヨーグルトメーカー(ヨーグルトファクトリー)は、ヨーグルトと牛乳を混ぜたものを一定の時間・一定の温度で発酵させてくれる機械のことです。

私は、重度の花粉症ということもあって、その症状を緩和させようと毎日食べています。

花粉症対策として始めようといった方は多いのではないでしょうか。花粉症が始まってからは遅いので今の時期から始めましょう!

ほかにもヨーグルトで腸内環境を整えることは免疫力アップや体調を整えることになります.

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整える役割がありますが,長時間腸内にいることができないため,定期的にヨーグルトを食べないといけません.

 

ヨーグルトメーカーはとても簡単にたくさんのヨーグルトを安く作ることができます.

おススメのつくり方どの程度オトクに作れるかを説明したいと思います。

ヨーグルトメーカーのしくみ

ヨーグルトメーカーとは,ヨーグルトを入れた牛乳を加熱し温度を保つことでヨーグルト内にある乳酸菌が発酵して牛乳をヨーグルトにするというものです.

 

ヨーグルトメーカーの機能
・温度調整(25~65℃)
・タイマー機能
ヨーグルトメーカーの機能は非常にシンプルで,基本的には温度調節機能とタイマー機能です.
発酵させる温度と発酵時間を変えることでさまざまなタイプのヨーグルトや発酵食品が作ることができます.
機能は非常にシンプルですが,できることはたくさんあります.
ヨーグルトメーカーで作れるもの
プレーンヨーグルト
カスピ海ヨーグルト
ギリシャヨーグルト
クリームチーズ
ホエーパンケーキ
甘酒
塩麹
納豆 など
このようにヨーグルトから納豆までさまざまなものを作ることができます.

どれだけ安いか計算してみた

さて、どの程度オトクに作れるか計算してみました。

私は、明治のR1というヨーグルトを牛乳で増やし、それを毎日朝晩食べています。

一回分(7食分)に必要な材料
R1ヨーグルト1本
牛乳1L

 

材料は以上のようになります.たったこれだけです.

だいたい、R1一本と牛乳1000mLで6~7食分できます.

また,R1ヨーグルトを毎回買って食べる場合,1食1本としました.


では、いくらくらい安く作れるのか計算してみましょう!

 

だいたいR1が1本130円程度で売っています。

毎日、R1を一本飲む場合、

それを一か月30日飲むと

130円×30日=3900円

一か月3900円!!!

 

 

R1ヨーグルトを1日一本,毎日飲み続けると,一か月で4000円もかかってしまうんですね.

 

 

一方、ヨーグルトメーカーで増やして食べる場合、牛乳が1本(1000mL)180円程度なので、

130円+180円=310円

だいたい一本作ればだいたい7食分になるので

一か月4本作ることになります.

すると

310円 × 4 = 1200円

一か月分約1200円!!

 

 

なんと

ひと月で約2700円お得になることがわかります.

ヨーグルトメーカーはだいたい4000円くらいなので約二カ月で元が取れますね!

長期間使うことを考えると,一年で約3万円節約することができます!

 

一年使うと約3万円も節約できることがわかります.

期間毎日 R1ヨーグルト
メーカー使用
オトク
1カ月390012002700
3カ月1170036008100
半年23400900014400
一年468001800028800

 

 


おすすめのつくり方

私は、アイリスオーヤマのIYM-014というヨーグルトメーカーを使っています。

出典:アイリスオーヤマ

非常にシンプルで、必要最低限の機能が備わっています。普通にヨーグルトを増やして作るという目的ではこれ一本で十分だと思います!だいたい楽天市場で3000円くらいでした。

 

つぎにおすすめの作り方について説明します。

 

まず、R1ヨーグルトと牛乳を用意します。

 

さらに用意するのは、こちら。これは、ヨーグルトメーカーについてきたかき混ぜる用のスプーンです。

必ず、綺麗に洗ったのち、熱湯をかけて消毒してください。

牛乳を発酵させるため、このスプーンに付着したざっ菌などが入るとうまく発酵しないことがあります.

 

 

 

ワンポイントアドバイス

煮沸処理が面倒な時は割り箸でやってもいいです.
割り箸を半分ずつ使えばより節約できます.

 

ふたを開け、ヨーグルト(R1)を入れるために、牛乳パック内の牛乳を少し飲みます。

そして、R1を投入。先ほどのスプーンで混ぜます。

 

 

よくかき混ぜたら付属のクリップでふたを閉めます。

このクリップ使いにくいので、洗濯ばさみなどで代用してもいいかもです。

 

ふたを閉めた後は

ヨーグルトメーカーにセットします。

 

続いて、温度と時間を設定します。もともとのドリンクタイプのR1のような液状にはできないので、固形のブルガリアヨーグルトを作ります.

設定
・温度:43℃
・時間:9時間

 

説明書には温度43℃,時間は9時間とあります。

これがベストな設定です.

これ以上短いと、発酵しきらないことがあります。

スタートボタンを押すとスタートします.

九時間後、おいしいヨーグルトが、牛乳パックいっぱいに出来上がります♪

 

(出来上がったらすぐ冷蔵庫に入れるのを忘れないでくださいね)

 

食べ方

牛乳パック内にできたヨーグルトはそのまま牛乳を注ぐように器に入れます.

できたヨーグルトは、ドが付くほどのプレーンです。

すっぱいだけなのでトッピングして食べるといいです.

おすすめの食べ方
・フローズンレーズン
・グラニュー糖
・ジャム
・バナナ

 

 

私は業務スーパーで買ってきた冷凍のブルーベリーをかけて食べています.

こちらは業務スーパーで500g,398円で売っています.

他にも冷凍レーズンが500g350円ほどで売っているので気になる方はチェックしてみてください.

一度に使うのは10gほどなので,一袋で50回分くらいは入っています.

#R1#ヨーグルト#ヨーグルトメーカー#ヨーグルトファクトリー#節約

 

電気自動車 家で充電するとどの程度オトクになるのか(プリウスPHEV編)結果は意外なことに!

ある日、実家の母から、「プリウスPHVを家で充電して走ったほうがお得か、ガソリンだけで走ったほうがお得か計算してほしい」と言われました。

そこで、いろいろ調べ、計算してみました。実際どっちがオトクなんでしょう。


そもそも、PHVとはプラグイン ハイブリッド 自動車(Plug-in Hybrid Veicle)の頭文字をとったもので、電気自動車(車に搭載された電池に家庭などで充電した電気を充電してモーターで動かす車)と、ハイブリッド自動車(メインのエネルギーはガソリンだけど、余った動力を電気に変えバッテリーに充電し、エンジンの補助にモーターを使う車)のいいところを組み合わせたもので、エコな車として注目されています。

プリウスPHVは2012年に発売されてから、2度のモデルチェンジがなされています。

性能が良くなってきていて、バッテリーや燃費が向上しています

そもそも、電池や燃費の性能は発売された時期によって異なるため、いくつか表にしてみました。

まず、この表について説明します。

①のEV走行性能というのは、バッテリーを満タンに充電した状態でモーターだけでどれだけの距離は走ることができるかを示しています。最新のものだと70km近くもガソリンがなくても走れるんですね!

②のプラグインハイブリッド燃費というのは、車が自動で電気とガソリンを使い分け走ったときの燃費です。1Lのガソリンで30~40km走ることができるんですね。ここで注意が必要なのは、公表値(メーカーが言っている燃費)と実際に使うときの燃費は違うということです。メーカーが発表している値は現在JC08という基準のもとで燃費の測定試験をしています。これは実際の生活に近い状態で測っていますが、やはり実際に走ってみるとエアコンの使用や乗る人数が異なるため、これらの値の70~80%程度が実際の燃費と考える必要があります。

③のバッテリー容量はどれだけ電気を貯めれるかを示しています。2017年発売のプリウスはバッテリー容量を上げ、そのほかの効率も上げたことから走行性能が上がったそうです。

④の充電方法は、どれだけの時間で充電し終わるかに関係します。

 

 


実際に計算してみた

さて、ここで計算に入ります。(気にならない人は飛ばしてください(笑))

まず、どれだけの時間充電にかかるか調べてみましょう。

  • にあるAC100V/15Aなどは、100V(ボルト)の電圧、15A(アンペア)の電流で充電する。ことを表しています。

 

バッテリーを水槽に例えて、水槽に水(電気)を貯めることを考えてみましょう。

電圧をパイプの数、電流をパイプから出る水の量とイメージしてください。

100Vをパイプ1本とすると、200Vはパイプ2本で水槽(バッテリー)に貯めれます。

一本から出る水の量が同じ場合、200Vで入れるほうが同じ時間で入れれる水の量は二倍ですよね!

 

バッテリー容量の単位kWhについてみていきます。Kはキロと呼んで1000倍を意味します。(1kg=1000g(グラム)、1km=1000mですよね)

つまり、4.4 [kWh] = 4400 [Wh]、8.8 [kWh] = 8800 [Wh]です。

 

このWhというのは、Wは電力量、hはhour。つまり時間を示しています。

どれだけの電力量で充電したら一時間でたまるかということを示しています。

電力量は、言ってみれば1秒でどれだけ水がたまるかというもので、電圧(パイプの本数)と電流(流す水の量)で決まっています。(秒と時間が出てきてややこしい)

 

電力量[W] = 電圧[V] × 電流[A]

という掛け算で求めれます。

一時間で貯めれる量[Wh]は電力量に1かけるだけでいいです!

 

一時間に充電できる量はこんな感じ。

 

次に、一時間に何パーセント充電できて、充電まで何時間でできるか計算しましょう。バッテリー容量(=水槽に入れれる水の量)は決まってますから、何本のパイプでどれだけの強さで水をいれれば何時間で水槽(バッテリー)を満タンにできるかがわかりますよね。

 

では、少し計算してみましょう

これは簡単。バッテリー容量をさっきの一時間にどれだけ充電できるかで割れば、満タンまでの時間がわかりますね。*1や*3の100Vで行うものが、家庭で一番簡単にケーブルを買ってこればできるものですが、最新の機種だとバッテリー容量が増えたこともあってものすごく時間がかかることがわかります。。。。

18時、19時に帰宅し、そこから充電すれば、バッテリーが空っぽでも朝の9時ごろに充電が終わります(かかりすぎ!)バッテリーが空になるまで使うことはあまりないのでそんなに心配はいりませんが(笑)

 

*2のような200Vで行う充電は急速充電と言われるほど、早く充電ができます。しかし、家庭で行おうとする場合、電気工事が必要です。このタイプの充電ができる設備は、トヨタの販売店や、ショッピングモールなどにあるので買い物ついでなどで利用するといいかもしれません(なかには無料で充電できるところも!)

さて、本題。次にどれだけお得か。もし、電気だけで走るほうがガソリンよりお得なら、家で充電して、会社などまで電気だけで往復してまた充電すれば安い電気代だけで済みますよね。

 

さて、それを調べるためにまず、電気の従量料金(1kWh使った分の値段)を見てみましょう。これは、電力会社や契約プランで異なるのでいくつか例を出して計算してみましょう。だいたい、一般家庭の場合、1kWhつかうごとに、21~29円くらいかと思います。(2019年6月現在)

 

従量料金が21~29円の場合、バッテリーを満タンにするまでいくら電気代がかかるか以下の表にまとめました。

2017年式のプリウスPHVだと、184~255円で68km走ることができることになります。(実燃費は7割から8割と言われているため、実際にバッテリーだけで走れるのは50~60km弱くらいと考えておくといいでしょう)

 

これでは、ちょっと得なのかそんなのかわからないですね。


ガソリンと比べてみましょう。ガソリンも値段が変わるため、いくつかのパターンでまとめてみました。

10km走った時のガソリン代は以下の通りです。実燃費は公表値の8割程度として計算しました。

 

それでは、電気で走った場合の電気代も重ね合わせてみましょう。

 

んんん???

まず初めに、2012/2015年式のほう。ガソリンが1L165円の時と電気が1kWhあたり21円の時、電気で走ったほうがオトクという結果になりました。

 

 

続いて、2017年式。こちらもガソリンで走ったほうがオトクという結果に。。。。。

 


まとめ

自宅で日中や夜に充電して使ってもすごくオトクになるという結果にはなりませんでした。もちろん、使い方や、電気のプランによってはガソリンよりお得になるかもしれません。また、今では無料で充電できる場所はたくさんあるので、それを利用すればすごくオトクに充電できます。もっともっと高効率な車が出てくるといいですね。

※あくまで個人が試算したもので実際のこの通りに行くとは限りません。参考にしていただければ幸いです。